ごあいさつ

「夢のある、明るく、思いやりのある子どもに」

幼児期は人間形成の基礎を培うための大切な時期です。幼稚園は子どもが家庭を離れて過ごす初めての集団生活で、社会性や自主性の基礎を学び、大きく成長していきます。

藤原白百合幼稚園では、豊かな環境の中で子どもたちがのびのびと元気よく丈夫な身体をつくり、互いに協力し思いやる心、素直な表現、言葉遣いをさまざまな体験や遊びの中で学べる、子どもたちにとってふさわしい教育を行っています。

昭和50年に開園し、近年では園舎の建て替えを行い、整備された園舎と広さを備えた園庭、雨の日でも遊ぶことができるピロティーやカプセルプールなどの豊かな環境が、日々子どもたちの健やかな心身を育んでいます。

保護者様や地域の皆様方のご理解とご協力のもと、全職員一丸となって努力してまいりますので、より一層のご支援、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

学校法人 藤原学園 藤原白百合幼稚園 園長 沢田 稔

保育目標

夢のある
心豊かな
明るい子

保育方針

健 康

いろいろな運動に興味を持ち、進んで行うようにする。また、専門家による体育指導・水泳指導を年間通して行う。

人間関係

集団生活の中で、お互いに協力し、思いやりのある子に育て幼稚園生活を楽しみ社会生活における望ましい習慣や態度を身につける。

環 境

身近な環境に親しみ、自然と触れ合う中で様々な事象に興味や関心をもち、動植物に親しみを持って接し、生命の尊さに気付き、いたわったり大切にしたりする。

言 葉

日常生活に必要な言葉が正しく使え、経験したことや思ったことを言葉を使って表現できるようにし、絵本や物語などに親しみ、興味を持って聞き、想像する楽しさを味わう。

表 現

音楽的なもの、造形的なものなどいろいろな美しさなどに対する豊かな感性をもち、感じたことや考えたことを様々な方法で表現できるようにする。

保育指導

えいご

●年少組(9月から)
●年中組
●年長組

レッスンはTPR(Total Physical Response)教授法を取り入れています。母国語を習得していく過程を応用していますので、五感をフルに使って楽しみながら、英語の指示に合わせ、身体と脳のすべてを使うことで、身体を動かしあそびながら言語を取得していきます。

おんがく

●年中組
●年長組

専門講師により、みんなで歌ったり、
楽器を吹いたり弾いたりして楽しく行います。

鼓笛隊
●年長組
運動会に鼓笛パレードをします。

たいそう

●年中組
●年長組

専門体育講師の指導のもとに幼児の体力増進につとめるとともに、運動能力や感覚反応の養成にも力をいれ、保育の一環として男性講師によって研究されたダイナミックな指導は子どもたちにたいへん人気があります。

すうじ・もじ

●年長組

1〜20まで数えて書けるようにしています。
50音ひらがなが読めて書けるようにしています。